FPL・FHP蛍光灯形LEDのバイパス工事方法を教えてください

TRUST-LIGHTのFPL・FHPコンパクト蛍光灯形LEDは、FPL・FHP蛍光灯形の既設照明器具に対応した電源内蔵型、片口金GY10qのLEDランプです。薄型27.7mmでルーバー器具と干渉しにくく、軽量設計です。

FPL・FHPバイパス工事方法

工事前のご注意
※ 電気工事は、有資格者による施工管理が義務付けられています。工事は必ず有資格者が実施してください。
※ 既設照明器具にそのままとりつけることはできません。必ず安定器のバイパス工事を行ってください。
※ 経年変化及び熱劣化等で著しく照明器具が変色・ひび割れしている場合は工事をお控えください。その場合新しい照明器具への交換をお奨めいたします。
※ 製品を安全に正しくお使いいただくために、安全上のご注意も必ずお読みください。

  1. 既設照明の電源をOFFにしてください。
  2. 器具から蛍光灯を取り外し、器具内の安定器の入力側配線と出力側配線を切断してください。
  3. GY10qソケットの電源供給端子(受け穴)2ヶ所に結線してください(下図参照)
  4. ライト取付けの際は、ランプホルダーに確実に止めてください。
  5. 施工後はLED専用器具になるため、器具側に付属の注意ラベルを貼ってください。

AC直結配線工事方法 (GY10qソケット3灯の場合)

3灯の場合のGY10qソケット結線例

FPLGY10qソケット結線

GY10qソケットの4つある端子前列(発光面側)2ヶ所に結線を実施し、複数接続の場合は、並列接続でご使用ください。
※結線は、必ず並列接続で使用のこと

口金ピン配列

FPL口金ピン配列

付属のFPLランプホルダー・ネジ
FPLランプホルダー・ネジ

»FPL・FHP蛍光灯LEDの施工説明書

FPL・FHP蛍光灯形照明器具

TRUST-LIGHTのFPL・FHPコンパクト蛍光灯形LEDは、既設のFPL・FHP照明器具に対応しています。詳しくは「FPLコンパクト蛍光灯形LED」の製品ページをご覧ください。

FPLコンパクト蛍光灯形LEDを見る

FPL・FHPのバイパス工事方法やコンパクト蛍光灯形LEDに関するお問い合わせは、お気軽にご相談ください。

TEL 0120-858-114
 お問い合わせはこちら